パーソナリティ障害?

恐らく私はパーソナリティ障害である。

まだ実際には医療機関を受診していないのでなんとも言えないのだが、この数日の間にパーソナリティ障害についての本を3冊読んでみて、全て完全に合致というわけではないが、おおよそ的を得ているというのが、読書後の私の感想である。

パーソナリティ障害についてはまた詳しく後々書いていきたいと思ってます。

今回自分がそうだと思った経緯としては、

勿論これまでの離婚に達する経緯があります。ただ実際に離婚を決めた段階でも自分にそんな障害があるとまでは感じていませんでした。

以前にも書いたかもしれませんが、元嫁が私と別れるときめた理由の1つとして、私が嫁に怒るや高圧的という面(+しつこい)があったと思います。

離婚前の喧嘩中でも確かに私は元嫁に怒ったりしてましたが、この段階では嫁が悪いと心底思っていました。この文章の意味としては、100%嫁が悪いという意味ではなく、嫁にも悪い部分があるということに関しては、自分の中で疑いようもないことと感じていました。

さてそんな喧嘩やいざこざが続いて、最終的に嫁が別れたいとなってしまい、先日書いたように離婚をしたわけです。今後の条件などについてはまだ弁護士さんと協議中です。

そしてこれも書きましたが、元嫁から数年後にお互いにもう一度みたいな話もしました(これもわかりませんが・・)。その時に嫁が条件として、「私が怒らなくなったらね」と付け足してきたのですが、そこ初めて「自分はどうしたら怒らなくなるのだろうか?」と素直に疑問に思いました。

そのあとはgoogleさんに聞くと、’モラハラ’’離婚’などと打てばいくらでもこのパーソナリティ障害という言葉が出てきます。

ネットでの情報だけではなんともいえないですが、それでも自分の言動や状態、はこの状態に近いのかなと感じられるものがあったので、今度はAmazonさんにて3冊ほどパーソナリティ障害についての本を注文して、現在読み終えたところです。

そして自己評価としては、多分そうです。ただ細かな分類や治療法については、本だけでは分からないので今後は時間ができたら病院を受診したいと考えています。

ただ本にも書いてあったのですが、自分で治そうとしないと直らないらしく、病院行けばいいって感じでもなさそいうです。

実際にこの障害に気づくのは、この障害に困った自分や周囲が相談や受診して気づくらしいのです。まさしく今の自分です。

今、自分の旦那さんや嫁さんがもしモラハラみたいな感覚を受けていると感じる人は是非医療機関やカウンセリングなどを受けることをお勧めします。

私たちはそういったことにも考えが及ばず、どんどん話が進んで離婚という形になってしまいました。

治療は短期的ではなく、長期的になるそうです。そして良くなるかどうかも不明です。私の友人に精神科医がいるので、少し前にパーソナリティ障害について尋ねたのですが、最初の返信としては治すのは大変(厄介)といったニュアンスの内容でした。ただいずれにしても治療には本人(障害の)の自覚が必要とのことなので、本当にその障害なのかはわかりませんが、まずは入り口に立てたと考えて行動していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です