弁護士さんに相談

あらかじめ聞きたか点

  1. 養育費 慰謝料にかかる費用について
  2. お互いの年収に対する養育費の計算方法
  3. 親権について
  4. 面会交流について
  5. 財産分与(特に株)について
  6. 弁護士費用について

弁護士さんの回答

養育費について

以前もお話ししたと思いますが私は小さな会社をやっています。一応私も嫁も役員のためある程度の収入が現在あります。私が聞きたかった点としては、現在私も嫁もほぼ同額の給与をもらっています。ただしもし離婚した場合には勿論嫁は会社を辞めるわけで、その後は収入がかなり減ることが予想されます。

ネットにも出ていますが、離婚した場合の養育費に関してはおおよその計算表があります。

平成30年度司法研究(養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究)の報告について

https://www.courts.go.jp/toukei_siryou/siryo/H30shihou_houkoku/index.html

これによると夫の収入が大きければ養育費が多くなるのですが、それに加え夫の収入と妻の収入の差が大きいほど、養育費は上がっていきます。例えば、現在の嫁も私も同じくらいの年収での養育費と、将来的に嫁が収入が減った場合との養育費は、後者の方が養育費としては高くなります。

この場合現時点での評価なのか、将来的な収入の予測が適応されるのかということが聞きたいことでした。

ちなみに将来的な減額する収入で主張したとしても、それは正当な請求になるらしいです。

親権について

親権は色々お話し伺いましたが、結果から言うと難しいとのことでした。

面会交流について

もし自分が離婚する場合には月に2回くらいは、面会希望したいと思い質問しました。

一般的には月1回が多いということでした。

財産分与について

私たちには自分たちの資産として中古の家がありますが、これに関してはまだローン中で借金の返済も全然あります。そのためこれに関しては分与する財産の対象となりません。

またお互いの通帳があり、各々に一定の金額が預金としてあります。これに関しては、結婚前から今までの間で増えた金額(?、少し曖昧です。)が財産分与の対象となるらしいです。

また嫁は会社の株も有しているため、これに関しても資産として保有しています。勿論、株価は会社の純資産などにより変化しますがどの時点での評価額なのかという点も聞きたかったことです。これに関しては、別居開始時などが妥当な時期とのことでした。

弁護士費用について

弁護士費用に関しては初回相談料が無断でした。また離婚に関して着手金・事務手数料・報酬金といった料金がかかり、「交渉」「調停」「審判」「訴訟」などの段階により金額は異なります(多くは調停までは最低いくらしい)。初期費用としての着手金や事務手数料だけで大体20~30万以上は最低かかりそうです。報酬金は各項目に対して設定されているので最終的には恐らく100万以上はかかるでしょう。

話終えて

ちなみに今回の離婚話が進んだ詳しい原因は、私の嫁への高圧的な態度(嫁的にはモラハラ)や今後の2人のビジョンの相違などです。勿論これは私からの視点のため、嫁的にはもっと言いたいことはあるかもしれません。

そしてこの場合に関して、離婚原因として明らかな有責事由になるかは微妙なところらしいです。そのためこちらが離婚条件として、慰謝料(発生するのか?)や養育費に関して交渉することは可能だそうです。しかし2−3年別居期間が生じてしまうと、これは有責事由となり、その時の私の年収と嫁の年収から養育費が決定します。

嫁が離婚したいと言っているのに対し、必要金額(一般的な養育費)以上を請求することに対しては腑に落ちない感情が付き纏います。本来養育費に関しては、子供の費用なためこちらとしては必要最低限は絶対保証するつもりです。しかしこんなことを離婚の際の条件としてやりあう(腹の探り合い)をすること自体に非常に嫌気と嘔気が生じます。

本当に自分が笑顔で子供たちに生活費などを支払いたいと思いますが、嫁が「15万くらいじゃたりない」などと私の親に言っているのを聞くと・・・、虚しくなります。

低収入でも別れて生きていきたいという気概は、嫁からは感じられません。

うじうじオジサンになってしまったいます・・・。

いずれにしろ私も選択をしなくてはいけません。

  • 先ほど書いたように3人に自分が納得できる離婚条件を提示して、弁護士さん同士に交渉してもらい調停するか?
  • 離婚はやはり嫌だと主張する(婚姻費用は発生し、別居が2−3年続いた場合、その段階で先ほどの有責事由発生する)。

自分が変われるのか、嫁に与えていられること自体に感謝し続けられる自分がいるのか? 自問自答を繰り返しつつも、嫁の一挙手一投足にうじうじしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です