無題

大学のクラスルーム内で貴方の友達と2人でいるときに初めて言葉をかわしたね

緑のミリタリーな感じの服を着ているイメージ

人のせいにしながら付き合い始めたね

傷つけたけど付き合い続けてくれたよね

体も傷つけたね

貴方の実家に夜中に行ったとき、2回の自分の部屋からパジャマ姿でちらとみせた姿、

お互いの姿見ながら携帯でまだ少し熱があるって言われた時に大事にするって思ったはずなんだけどね

少し距離をおいた時期もあって・・

久しぶりに遠目に見たらショートカットでパーマ当ててたね

社会人になっても苦しめたかな

正式なプロポーズの言葉もないし、貴方の両親への挨拶の時も、ダメダメだったね。

自分に価値があるとしたら、貴方と一緒になれたことだと思ってたんだけど

結婚式の後、二次会会場へ向かう途中、ドレス姿の貴方に知らない人からの「おめでとう」の言葉が誰からのおめでとうよりも嬉しくて・・。

お互いの猫と一緒に生活をして、

1人目の子供が産んでくれた後も、大きな喧嘩。

2人目の時は、頑張ってる・そんな姿を見て欲しい気持ちも十分わかってたんだけど・・。

自分が色々なことを自由にやらせてもらってる、あるいは何かトライしたいと思うのは貴方がいるからです。

お金や物が欲しいのでなく貴方にこれだけできると証明したいだけ

貴方がいないと、臆病で古典的、ネガティブ

それはわかっているつもりだけど、貴方の優しさで麻痺し、甘えてしまう。

周りの人にも迷惑や心配をかけて、貴方を傷つけてきて、それでも貴方と将来また色々なとこへ旅をしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です