ホワイトラビット

あらすじ

泥棒さんが出てきた気がします。詐欺師(悪者)さんも出てきてきます。そんなすごい感心するほどではないですが、オリオン座のうんちくをいう登場人物もいます。主人公的(or 良い者?)な人物が二人くらい(警察の人と詐欺師の仲間)登場します。

時相の違いとか、少しの勘違い的な出来事などが起こり、なんだかんだハッピーエンドに終わります。

感想(雑)

読み終わってから少し時間が経っているので、あらすじに関しても、あっているのか全然保証できません。自分の思い出せる範囲だとこんな感じになりました。

伊坂幸太郎の本は何冊か読んだことがあり、特にすごいハズレ感を受けたことはなかったので蔦屋で購入しました。

本自体は読みやすく特に休みなく読めたと思います。

面白くはありません。特別な感情とかもわかなかった気がします。

勿論小説は、なかなか自分の意見や感情、伝えたいことなどを入れにくいジャンルではあると思います。

しかしこの本には著者が何を感じて書いたか、あるいはどの部分にこのホワイトラビットという本の価値があると思ったかは(私には)わかりませんでした。

読みやすさ:★★★★☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です