久しぶりの更新

久しぶりにブログの更新になります。

これまでの期間色々ありましたが、自分は今度再婚することとなりましたので、それについて書いていければと思います。

2023年10月11日(水)夜、元妻のいる前で長男と長女に自分が再婚することを伝えました。

Aへ

泣かせてしまってごめんね、あんなに泣くとは思わなかったよ。あなたは感情豊かで優しい男の子だからたくさん泣いてきたところを知っています。

アニーの演劇?のオーディションに落ちた時なんかは本当に悲しんでたね。ほんとに何もしてあげられなく、無力感を感じました。

iへ

あなたも何でもできる子でママっ子だから、たいして反応しないだろうと思っていました。Aにはこの件を言うのは心配してましたが、Iはフーンくらいかと。

なのにIもあんなに泣いて、、、、ごめんなさい。

いろいろママもAもIも泣かせないよう、いい選択だと思い決めているのに。

Aが布団で突っ伏して泣いている姿は多分一生忘れないよ。

きしくも、10月10日がママとの結婚記念日でした。

ありがとう の歌

久しぶりの更新になります。

今確認したら2021年1月が最後の更新でした。これまでの経緯は色々ありますので、時間に余裕があったら、また書いていきたいと思います。

「ありがとう」佐藤宏 作詞作曲

の歌が好きです。ふとしたきっかけで知った曲です。

https://youtu.be/kzkhgKYsRds?si=gkByFE1lonsKIx0Q

離婚した元妻に本当に伝えたい歌です(会えない訳でもないですが)。

今後子供達や元妻に態度や行動でいつも伝えていけたらいいなぁと思ってます。

奔馬(三島由紀夫)①

三島由紀夫は自分が好きな作家の1人です。結構昔に豊饒の海の1部(春の雪)は読んだことがあるのですが、それ以降の作品は読んでいなくて、今回第二部の’奔馬’を読みました。

三島由紀夫の惹かれる点としては、なんといっても1、豊富な単語・語彙力と2、その表現力 3、さらにその純粋さがです。

彼の作品の一語一語が、ときにしらなかったり難解だったりします。昔読んだときには、この語彙力や難解な言葉の差は時代の違いで、この時代はこんな使われ方だったんだくらいにしか思わなかった記憶があります。そして歳を重ねれば重ねるほど、三島由紀夫が凄いということに気づきます。その言葉は一文一文広辞苑で単語を調べながらやっているんじゃないかと感じてしますほどです(僕の語彙力・国語力からすると^_^)。

また3の純粋性ですが、彼の作品の多くが彼の内面や感情、想い(思想)などが主題となっていることがほとんどだと思います。これらの感情や思いは、誰もが感じる感情ですが、彼はそれらに対してより深く向き合い、付き合って過ごしていることが伝わってくる内容になります。勿論その感じ方や考え方に好き嫌いはあると思いますが・・。ただ自分は全体的に彼の考えや想いは好きで共感することの多いイメージを毎回作品を読むと感じることができます。

そして、最後になんといっても2の表現力だと思います。単なる風景の描写だけでも言葉だけ描写するのは難しいのですが(自分には)、彼は先ほどの感情や思いを的確かつ美しく表現するのが天才的に優れています。この表現力による描写が本当に綺麗だなと毎回圧倒されます。

ちなみに自分はごく普通ですが、三島由紀夫の作品では「潮騒」が一番好きです。

次回は奔馬についてもう少し書いてみます。

“パーソナリティ障害がわかる本”を読んで(1)

先日も少し書きましたが、パーソナリティ障害がわかる本を読んで本当に面白かったです。多分この面白いという感覚は自分が恐らくそうで、非常に共感できる部分があったからだと考えています。実際にはきちんと診察してもらい診断を受けたいとは思っていますが、とりあえず面白かったので簡単に書いてみたいと思います。

パーソナリティ障害の基本症状

1、両極端で二分的な認知

全か無か、白か黒かと言った二分的な考え方に陥りやすいということ

2、自分の視点に囚われ自分と周囲の境界が曖昧

自分と他者の区別が曖昧で、自分の視点と他者の視点を混同しやすい。自分の視点を押し付けてしまいがち

3、心から人を信じたり人に安心感が持てない

4、高すぎるプライドと劣等感が同居

一方で強い劣等感や自己否定感を抱え、もう一方で高すぎるプライドや万能感を有している

5、怒りや破壊的な感情にとらわれ、暴発や行動化を起こしやすい

認知の許容量が小さく、これを超えてしまうと問題的な行動(行動化)に移行しやすい

などの基本的な症状があるそうです。

パーソナリティ障害の分類

パーソナリティ障害は大きく以下の3つのグループに分類され

A群:シゾイド、失調型、妄想性

B群:境界性、自己愛性、演技性、反社会性

C群:回避性、依存性、強迫性

細かくは10のグループがあるそうです。近年はB群の障害が増えているそうです。

境界性パーソナリティ障害

特徴として

①見捨てられ不安としがみつき

対人に対して見捨てられることに対し強い不安を感じている

②両極端で不安定な人間関係、その間を揺れ動く

ちょっとしたことで理想の相手が最低になったりする。完璧主義で強いこだわりがあるために少しでも気に入らないと全てが(相手に対し)ダメに思える。

③目まぐるしい気分の変動

④反復する自傷行為や自殺企図

⑤自己を損なう行為への耽溺

アルコールや薬物乱用や場当たり的なスリルや恋愛などじわじわと自分を損なう行為に陥りやすい。(ウィノナ・ライダーも境界性パーソナリティ障害を患っていたらしく、また万引きで逮捕されたことがあるそうです)。

⑥心にある空虚感

物事がうまくいってたり、楽しい時にも漠然とした虚無感や虚しさに付きまとわれやすい。

⑦アイデンティティ障害

自分が何者かわからない、「自分が何のために生まれてきたかわからない」といった感覚が強い。

⑧怒りや感情のブレーキが効かない

とても傷つきやすく、怒りのブレーキが効きにくい。

⑨解離や一過性の精神障害にかかりやすい

といった基準項目があり、これらの中で5つ以上に当てはまる場合は、境界性パーソナリティ障害の診断基準らしいです。

さて私はというと・・

①に関して:あると思います。

②:元嫁にはあったかも?、それ以外の人に対してない。

③:ないと思います。どちらかというと終始ローテンション

④:ないと思います

⑤:ないと思います。レモンサワーでクラクラしちゃいます

⑥:あると思います。

なんとなく冷めてしまっています。特に周りが楽しいとか話が盛り上がっているときに自分は仕事ややることを探してしまします。

⑦:あると思います

⑧:元嫁にはあったと思います。そして昔は友人にもあったかも

⑨:ないと思います

ということで自己採点をすると4or5/9 ということでした。うーんどうなんでしょうか?

病院へ行けよという話ですが・・・。なかなか都合が合わず。

次回は自己愛性〜について書いてみようと思います。

パーソナリティ障害について(1)

パーソナリティとは性格と気質とのことで心理的社会的な要素(性格)と遺伝的要素(気質)を統合したものらしいです。

パーソナリティ障害とはこのパーソナリティに偏りが強く、それにより周囲や自分が傷付いたり苦痛を感じ、人間関係に不具合が生じた状態をそういうらしいです。そのため周囲も自分も特に日常において支障をきたさなければ、あくまで個性であり、逆にこれら支障を来した場合に気づかれるケースが多いということです。

またこの状態を放っておくと、社会生活にも支障が出たり、うつ病の発症につながることもあるそうです。

またパーソナリティ障害にも、妄想性・シゾイド・境界性・自己愛性・統合失調型・反社会性・依存性・強迫性など様々なタイプがあるそうです。

自分が本当にそうなのかは実際にまだ医療機関を受診していないのでわかりませんが、とりあえず自分がそうかもと思える障害のタイプとして境界性と自己愛性というのがありました。

なのでまずはこれらについて自分で向き合って行こうかと考えています。

いずれにしても、自分が病気(障害)なのかもと考えれるようになったおかげで、少し自分が楽になったことは確かでした。それは今まで自分が元嫁に感じた怒りという感情やその行動が、なぜ怒ったのかを今まで考えれる状況になかったからです。昨日も書きましたが、その状況のときには自分は嫁に対して、相手が悪いと感じている状態でした。どんなことを言われてもそれに対して納得できず逆に苛立ってしまう状態。

しかしこれが自分の障害であると考えれるようになると、(勿論、障害のせいにしていいわけではないのですが)、こちらが病気だからと自分に対して考えることができます。相手に向けられた感情を(喧嘩の最中はそれのみの感情でした)、なぜ自分がそうなっているのかと少し立ち止まれるような感覚が付随してきている気もします。勿論そう感じることがあるというのは、制御できていない状態ではあるのですが、(まだ診断も治療もしていない状態ですが)少し変われるのかもと感じられてもいます。

なかなか時間がない状況ではありますが、少し真剣に病院を探そうかと考えています。

実際に参考にさせていただいた本の一部です。3冊読ませてもらいましたが、これが一番面白くわかりやすかったです。詳しくはまた追記していきたいと思います。

パーソナリティ障害?

恐らく私はパーソナリティ障害である。

まだ実際には医療機関を受診していないのでなんとも言えないのだが、この数日の間にパーソナリティ障害についての本を3冊読んでみて、全て完全に合致というわけではないが、おおよそ的を得ているというのが、読書後の私の感想である。

パーソナリティ障害についてはまた詳しく後々書いていきたいと思ってます。

今回自分がそうだと思った経緯としては、

勿論これまでの離婚に達する経緯があります。ただ実際に離婚を決めた段階でも自分にそんな障害があるとまでは感じていませんでした。

以前にも書いたかもしれませんが、元嫁が私と別れるときめた理由の1つとして、私が嫁に怒るや高圧的という面(+しつこい)があったと思います。

離婚前の喧嘩中でも確かに私は元嫁に怒ったりしてましたが、この段階では嫁が悪いと心底思っていました。この文章の意味としては、100%嫁が悪いという意味ではなく、嫁にも悪い部分があるということに関しては、自分の中で疑いようもないことと感じていました。

さてそんな喧嘩やいざこざが続いて、最終的に嫁が別れたいとなってしまい、先日書いたように離婚をしたわけです。今後の条件などについてはまだ弁護士さんと協議中です。

そしてこれも書きましたが、元嫁から数年後にお互いにもう一度みたいな話もしました(これもわかりませんが・・)。その時に嫁が条件として、「私が怒らなくなったらね」と付け足してきたのですが、そこ初めて「自分はどうしたら怒らなくなるのだろうか?」と素直に疑問に思いました。

そのあとはgoogleさんに聞くと、’モラハラ’’離婚’などと打てばいくらでもこのパーソナリティ障害という言葉が出てきます。

ネットでの情報だけではなんともいえないですが、それでも自分の言動や状態、はこの状態に近いのかなと感じられるものがあったので、今度はAmazonさんにて3冊ほどパーソナリティ障害についての本を注文して、現在読み終えたところです。

そして自己評価としては、多分そうです。ただ細かな分類や治療法については、本だけでは分からないので今後は時間ができたら病院を受診したいと考えています。

ただ本にも書いてあったのですが、自分で治そうとしないと直らないらしく、病院行けばいいって感じでもなさそいうです。

実際にこの障害に気づくのは、この障害に困った自分や周囲が相談や受診して気づくらしいのです。まさしく今の自分です。

今、自分の旦那さんや嫁さんがもしモラハラみたいな感覚を受けていると感じる人は是非医療機関やカウンセリングなどを受けることをお勧めします。

私たちはそういったことにも考えが及ばず、どんどん話が進んで離婚という形になってしまいました。

治療は短期的ではなく、長期的になるそうです。そして良くなるかどうかも不明です。私の友人に精神科医がいるので、少し前にパーソナリティ障害について尋ねたのですが、最初の返信としては治すのは大変(厄介)といったニュアンスの内容でした。ただいずれにしても治療には本人(障害の)の自覚が必要とのことなので、本当にその障害なのかはわかりませんが、まずは入り口に立てたと考えて行動していきたいと思っています。

happy birthday

6歳誕生日おめでとう

あなたの笑顔は、みんなを幸せにするからね

どうかこのまま笑って生きていけますように!

あなたの名前はお母さんが考えてくれたよ。パパの役割は漢字を決めること。一生懸命広辞苑や漢字辞典を見たよ(候補は少なかったけどね)。

あなたが笑顔ならこの世界はあなたのものだから

自分はこの世界が深い紺色に見えることが多いんだけど、今も未来も憂うことが多すぎるんだけども、

ママから名前の候補を聞いた時、いい名前だと思ったよ。そうなって欲しいって。

嬉しかったら、ありがとうって言ってください

つらかったら、大きな声で叫んでいいから、落ち着いたらもう一回向き合ってください

楽しかったら、大きな声で笑ってください

寂しかったら、泣いていいし、助けを求めてください

あなたに正直であればそれは間違ってないから。

そしたらみんなあなたの味方です

誕生日おめでとう。あなたの笑顔で何回もにやけちゃえます。

今後の目標

さて、自分の離婚が決まりました。

今日1日働いて、まだ夜は寂しく長く感じられます。また腹部の重みも相変わらず、間欠的に感じます。しかし少し食べれる量は増えた感じもします。

今後3年間の目標を少し考えていきたいと思います。

1つはお金を貯金しようかと考えてます。3年間で可能なら2000~2500万くらい増やすこと、投資などで定期的にプラス収支を出せるようにしたいとも思っています。

もう1つは借金を減らすこと。現在私はおおよそ8500万くらいあるのではと思います(借金した時期が違うので返済して行っていますが、当初事業や自宅などを借りた額の合計は多分このくらいかと。詳しくは計算しないとですが)。これをこの3年間でいくつか完済したいと考えます。1つは2350万の借金をこの3年で終わらしたいかなと。

他にも少しづつ目標を具体的に設定していきたいと思います。

本を定期的に読めるような精神状態に早くなりたいです。

今日は雑にだらだらと書き殴った感じになってしまいました。このブログを始めて、しみじみと感じるのは自分の語彙力と文章力のなさです。広辞苑でも買おうかなと考えてもいます。

離婚しました

少し更新期間が空きました。

ここ1週間は嫁の顔を見るたびに、情緒不安定となり自分も浮き沈みが激しかったです。

弁護士さんとの養育費などの話し合いもまだ全然まとまっていませんが、どうか早く終わりにしたいという私のわがままに付き合ってもらい、本日2020年10月1日に離婚届を提出してもらいました。

前日夜、久しぶりにお互い心の探り合いや虚勢などなく、素直にお互いのことについて話し合うことができました。

まだまだ自分には嫁(元)に未練がありますが、今すぐはどうしても元に戻ってうまくやっていく想像ができません。

今後まだまだお互いに弁護士さんを通して決めていかなくてはならないことがありますが、久しぶりに心がすっきりしました。

そして元嫁から1つとても大事な贈り物をいただきました。

勿論この通りになるかはわかりませんが、自分に取っては出口のない路に、目的地が少し見えたという点で、本当に救われた感じがありました。

ちなみに3年間は1068日らしいです。25632時間で、1,537920分です(笑)。

長い長い道のりですが、それまでにどうしたいかの目標をとりあえず数日かけて決めようと思います。

弁護士さんに相談

あらかじめ聞きたか点

  1. 養育費 慰謝料にかかる費用について
  2. お互いの年収に対する養育費の計算方法
  3. 親権について
  4. 面会交流について
  5. 財産分与(特に株)について
  6. 弁護士費用について

弁護士さんの回答

養育費について

以前もお話ししたと思いますが私は小さな会社をやっています。一応私も嫁も役員のためある程度の収入が現在あります。私が聞きたかった点としては、現在私も嫁もほぼ同額の給与をもらっています。ただしもし離婚した場合には勿論嫁は会社を辞めるわけで、その後は収入がかなり減ることが予想されます。

ネットにも出ていますが、離婚した場合の養育費に関してはおおよその計算表があります。

平成30年度司法研究(養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究)の報告について

https://www.courts.go.jp/toukei_siryou/siryo/H30shihou_houkoku/index.html

これによると夫の収入が大きければ養育費が多くなるのですが、それに加え夫の収入と妻の収入の差が大きいほど、養育費は上がっていきます。例えば、現在の嫁も私も同じくらいの年収での養育費と、将来的に嫁が収入が減った場合との養育費は、後者の方が養育費としては高くなります。

この場合現時点での評価なのか、将来的な収入の予測が適応されるのかということが聞きたいことでした。

ちなみに将来的な減額する収入で主張したとしても、それは正当な請求になるらしいです。

親権について

親権は色々お話し伺いましたが、結果から言うと難しいとのことでした。

面会交流について

もし自分が離婚する場合には月に2回くらいは、面会希望したいと思い質問しました。

一般的には月1回が多いということでした。

財産分与について

私たちには自分たちの資産として中古の家がありますが、これに関してはまだローン中で借金の返済も全然あります。そのためこれに関しては分与する財産の対象となりません。

またお互いの通帳があり、各々に一定の金額が預金としてあります。これに関しては、結婚前から今までの間で増えた金額(?、少し曖昧です。)が財産分与の対象となるらしいです。

また嫁は会社の株も有しているため、これに関しても資産として保有しています。勿論、株価は会社の純資産などにより変化しますがどの時点での評価額なのかという点も聞きたかったことです。これに関しては、別居開始時などが妥当な時期とのことでした。

弁護士費用について

弁護士費用に関しては初回相談料が無断でした。また離婚に関して着手金・事務手数料・報酬金といった料金がかかり、「交渉」「調停」「審判」「訴訟」などの段階により金額は異なります(多くは調停までは最低いくらしい)。初期費用としての着手金や事務手数料だけで大体20~30万以上は最低かかりそうです。報酬金は各項目に対して設定されているので最終的には恐らく100万以上はかかるでしょう。

話終えて

ちなみに今回の離婚話が進んだ詳しい原因は、私の嫁への高圧的な態度(嫁的にはモラハラ)や今後の2人のビジョンの相違などです。勿論これは私からの視点のため、嫁的にはもっと言いたいことはあるかもしれません。

そしてこの場合に関して、離婚原因として明らかな有責事由になるかは微妙なところらしいです。そのためこちらが離婚条件として、慰謝料(発生するのか?)や養育費に関して交渉することは可能だそうです。しかし2−3年別居期間が生じてしまうと、これは有責事由となり、その時の私の年収と嫁の年収から養育費が決定します。

嫁が離婚したいと言っているのに対し、必要金額(一般的な養育費)以上を請求することに対しては腑に落ちない感情が付き纏います。本来養育費に関しては、子供の費用なためこちらとしては必要最低限は絶対保証するつもりです。しかしこんなことを離婚の際の条件としてやりあう(腹の探り合い)をすること自体に非常に嫌気と嘔気が生じます。

本当に自分が笑顔で子供たちに生活費などを支払いたいと思いますが、嫁が「15万くらいじゃたりない」などと私の親に言っているのを聞くと・・・、虚しくなります。

低収入でも別れて生きていきたいという気概は、嫁からは感じられません。

うじうじオジサンになってしまったいます・・・。

いずれにしろ私も選択をしなくてはいけません。

  • 先ほど書いたように3人に自分が納得できる離婚条件を提示して、弁護士さん同士に交渉してもらい調停するか?
  • 離婚はやはり嫌だと主張する(婚姻費用は発生し、別居が2−3年続いた場合、その段階で先ほどの有責事由発生する)。

自分が変われるのか、嫁に与えていられること自体に感謝し続けられる自分がいるのか? 自問自答を繰り返しつつも、嫁の一挙手一投足にうじうじしています。